HOMEよくある質問果物について > イチゴの栄養と育て方

イチゴの栄養と育て方

4f051613144f09094f750007568858da52893cd4
「イチゴの栄養」
ビタミンCが豊富
ビタミンCは風邪の予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があります。

アントシアニン
イチゴの赤い色素成分であるアントシアニンは、ポリフェノールの一種で、眼精疲労回復や視力回復に有効とされるほか、活性酸素を減らしガン予防にも効果があるといわれているようです。
2b26006931849ac0a93e8f656bc57ba8
「育て方」
イチゴは植えた後、冬の寒さにしっかり当たることで実をつけるので屋外で育てましょう。
プランターをできるだけ長時間、日の当たるところに置きましょう。
真夏は、直射日光が当たると弱ってしますので半日陰にするのがおすすめです。

水やりは、土が乾いていたら底から水が出るまでたっぷりとあげてください。

5208_ichigo_eyecatch_hosei
「食べごろ・食べ方」
赤くなったら収穫して、栄養分やおいしさが逃げてしまわないように、ヘタを取らずに洗いましょう。

イチゴは、先端がもっとも甘く、逆にヘタ側の方が甘味が少ないので、ヘタ側の甘味が少ない部分から食べていくと、最後にもっとも甘い先端で食べ終わることができ、しっかりとイチゴの味を楽しむことができます。
お問い合わせはこちら