HOMEブログ > 憧れのGTR

憧れのGTR

最近 お仕事のお話ばかりなので

プライベートネタをひとつ!

コツコツ集めた 旧車のプラモデルコレクション

かれこれ2年前からコツコツと集め出し

マイルームのインテリアとして なんじゃこりゃ 見たいにあちらこちら飾ってあります。

 

そんなスケールではとうとう我慢できず

昭和48年式 箱型スカイライン (通称ハコスカ)のフロントフェンダーをGET(^-^)

レース用に大幅に加工されているのと片側のみなので2000円ちょっとでGETできました

送料の方が高かった(-_-)・・・・・

 

家族みんなは、何これ??ガラクタ?? どうするの?? ここにおいとくの?? 邪魔やろ???

当然 そうゆう言葉は覚悟してました

でもパパの部屋は自分の好きなようにする!!

と みんなの理解不能のまま飾っちゃいました

 

ここまでこの ハコスカにこだわるのは訳が有ります

2年ちょっと前

コンビニの前でコーヒー片手にタバコで吸ってると

真っ赤なハコスカがいかにも昔のマフラー音をならし入って自分の目の前に止まりました

車から60代位のサングラスをかけた男性が降りてきました

 

「わー かっこいい」

中学の頃 おこずかいでプラモデルを創ったこともあり

自分では昔から一番好きな旧車の一台でもあります

こんな真っ赤なハコスカでした(^。^)

当時のGTレースで50勝をマークした いわば無敵のハコスカGTR

いつかは私もあんなおじいちゃんになりたい!

自分が60歳になれば

当然同世代なので60年オチの車にはなりますが

エンジンとフレームされ残っていれば、再現パーツはハコスカの場合無数に有ります

ただ 私 メカ音痴・・・・

車のメカニックさっぱりわかりません( 一一)

 

旧車を乗るのは故障と友達みたいに仲良く付き合うこと

でも 憧れとして 目標として

ハコスカ乗ったおじいちゃんになってやろうという夢は持ち続けます

 

それにしても コンビニで見た ハコスカは衝撃的でした

 

takashi   higashiguchi

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら