HOMEブログ > ブロックは補強なしでは6段までしか積めません 太子の外構屋さんブログ

ブロックは補強なしでは6段までしか積めません 太子の外構屋さんブログ

ブロック工事

基本的に ブロックは6段積みまでと建築基準法で決まりがあります



DSCF1127
DSCF1146
DSCF11481
6段以上積む場合には

L型に40センチ以上の補強壁が必要になります


大阪の震災から特に指導が厳しくなっています


どうか


補強なしのブロック工事は6段 H1200までとなることをご理解のほどおねがいします



それ以上の段数は補強壁が必要になりますので



建築士の観点からブロックの安全性について


お客様にご理解をいただいています

大阪の震災で痛ましい事故があり

お客様の理解や意識も変わってきた中にも関わらず


今だ ブロックを8段9段 平気で積んでる工程写真を公開されてる業者さんも

中にはおられますが


つまり建築基準法上 違法です



コンプライアンス (法令順守)



どうか

今後の お客様の財産の為 また もしもの時 けが人が出ないよう


エクステージではプランナーがブロック積みの注意点などについて

わかり易くご説明させていただきます


ご理解宜しくお願いします




二級建築士 東口 崇
お問い合わせはこちら