HOMEブログ > 慣れないことをして

慣れないことをして

 

 

今日は天気がいいので年末からの残りの

 

障子を貼り替える事にした、

 

山から下りて来て、障子に水道水を掛けるも

 

まだ 凍っていたので、お湯でホースを融かしながら

 

手の先が冷たさで痛いが、古い障子紙をはがした

 

午後には障子の桟も乾いていたので、いざ貼り替え

 

1枚目でつまずいた」

 

 

障子をまたいで作業をしようとしたら

 

足元に養生の為新聞紙を引いていたが

 

 

 

幅90センチの障子だったので

 

小生の短い脚では気張る事が出来ずに

 

足元の新聞がすべった、、気張ったが

 

 

 

そのまま、障子桟の上にドスン、

 

ああ、桟が壊れた2か所も、手には擦り傷。

 

KY、危険予知が足りなかった!

 

右手には危険は道具持っていたのに

 

1枚平均30分かかってた、

 

孫が学校から帰ってきたので、桟の弼付けを

 

させてやった、珍しがってた、

 

木工ボンドを見て、どうしたん?

 

うん、こけて、障子、めんだと言ったら、にこっと、笑ってた

 

まあ、こんなもんかと、いった顔していた

 

作業終了は午後4時過ぎ、6枚の障子完成

 

 

 

 

 

やはり、陽が当たれば一段と白く、気持ちいい

 

 

お問い合わせはこちら