HOMEブログ > 半世紀以上も前の光景      藁ぞうりのはなし

半世紀以上も前の光景      藁ぞうりのはなし

 

 

 

 

 

 

自治会の配り物していて、きんもくせいの香りがする庭のある家で

 

約60年ぶりに藁ぞうりを作っていた作業風景をみた。

 

 

 

 

 

 

藁をたたいて、ほぐしてから編み上げていた

 

 

 

 

 

 

幼いころは兄達や、近所の小学生らが夏休みに納屋で縄を作り、藁ぞうりを

 

作っていたのが思い出される

 

何に使うのかと聞いたら、8日からの東南祭りに使うとの事

 

私たちより4~5歳上の世代は編んでいたと思う

 

 

 

 

 

 

鼻緒も赤いきれを巻いてかわいらしく仕上げていました

 

 

お問い合わせはこちら