HOMEブログ > 施工管理技士の重要性

施工管理技士の重要性

施工管理技士の重要性についてのお話

去年6月に受けた1級電気工事施工管理技士試験

私 電気工事士の免許も別に持ってます

お客様のカーポートに照明取り付けたり

自分で作業できてしまいます
これは工事の免許

それとは別に

施工管理技士とは何か??

つまり

建設業許可を持った会社が

主任技術者

つまり 管理を司る人間


管理者ですね

各業者 

建築

土木

造園

電気工事

管工事


他に

建設機械 電気通信とかありますが

私の会社では


5業種該当します


つまり

建設業許可に必要な

管理者となります

つまり

建設業許可のない会社は

技術者は居ません

主任技術者いないんで

建設業許可も取得できません


そんなんです
会社を起こし建設業の許可を得ようとすると
施工管理技士の資格が必要


どうして試験会場に 夫婦で受験に来るのか

建設業許可をとるため

どちらか合格すれば個人事業主で建設業の許可が申請できる

ということなんです



IMG_28201
今回は

1級電気工事施工管理技士

1次試験です

2級は3年前に取得済みなので

すでに 主任技術者になれます

1級は

わかり易くいうと

請負金額に制限がない監理技術者になれ
官公庁の発注する工事の現場監理者になれます

とはいえ
私の会社では そこまでの規模は必要ありません




電気工事に関してこれ以上 受験資格を満たしていません

なので

1次試験の合格のみの

1級は名乗れますが

管理技士 補


IMG_28211
最後に 


補  ほって付きます


どうして
ここまで
私が施工管理技士の資格にこだわるか


それは

しっかりとした知識の施工管理を提供できる会社にしたかったからです


エクステリア工事

建築基準法みたいに決まりがありません


だから

施工管理技士といった知識が必要なんです


経験だけありますでは

間違っているのか 正解なのかわからない

しっかり 標準指針を基にした

施工管理技士の会社でありたい


正しい知識を得るため 勉強することは

当たり前のことです

自分の経験だけに頼ることもある意味危険です


何が正しいのか

国が推奨する指針で独自の正しい知識を研究する

つまりそれを国家試験で証明してもらう

1流の施工技術を提供するために

1級の資格を追求する

当たり前のことです


施工管理技術のある会社

あとは管工事

あともう少し

5業種すべての1級施工管理技士取得に努めます



エクステージ トーナン建設工業株式会社
東口 崇



お問い合わせはこちら