HOMEブログ > 新築の建物にアルミのフレーム固定ビスを打ち込むときの注意 姫路エクステリア工事ブログ

新築の建物にアルミのフレーム固定ビスを打ち込むときの注意 姫路エクステリア工事ブログ

新築の建物にアルミフレーム部材を打ち付けるにあたり

注意したい点いくつか

最近よく アルミフレームを新築の建物に固定する商品が出回っています

新築の場合特にハウスメーカーの保証の条件

いろいろ 確認が必要になってきます




DSCF5881
こちらのお客様は築10年を超え

外壁リフォームを去年されて

今回 エクステージで

アルミ屋根とウッドデッキの工事です


DSCF5885
DSCF5886
ここで 注意したい


アルミ部材を建物に打ち付けるとき

確認しないといけない事

新築の場合

外壁保証が関係してきます


こちらのお宅は もう10年越えて

建物のいあいる 瑕疵担保保証を過ぎています



注意が必要なのは


新築の建物にこういった


DSCF58811
アルミのフレームとか

つまり ビスを外壁に打ち込む行為


ハウスメーカーさんによっては

全部が全部ではありませんが

ビス1本打ち込むと

外壁保証はその時点で打ち切ります

といった


保証内容になっているところもあるみたいです



長年 いろんなハウスメーカー 工務店さんとお付き合いしてきましたが


なかなかここ5年程でしょうか?? かなり外壁の穴あけに シビアになっています


エクステージでは あらかじめこういったことを

お客様にご説明しています


今回のリフォームで
10年を超えているお宅にも
ある一定の補修工事をすれば

建物を延長保証しますよといった工務店さんの保証もあるので

詳しく 確認していただくよう お伝えしています



最近は 本当に 外壁にビスを打つことをNGとするハウスメーカーさんが多いですね


建物の雨仕舞の事思うと建築施工管理の点からも

そうなるのかもしれません


先ず

工務店さんに 確認が必要です


エクステージ 東口 
お問い合わせはこちら