HOMEブログ > 左官屋さん大集合 姫路土間コンクリートエクステリア

左官屋さん大集合 姫路土間コンクリートエクステリア

土間コンクリート工事



ポイント いくつかご紹介





IMG_20190111_130658
土間の中に入るレンガライン


または

収縮目地材

または

型枠目地



これは


コンクリートをある程度の枡の大きさに区切る


重要なものです


収縮の割れを防ぐものとして

この工法を使います








スペーサー


IMG_20190112_091541
これは


ワイヤメッシュという

割れ防止の金網が

コンクリートの上下の真ん中にくるようにするものです


現地ではどうしても 踏んでしまうので


職人さんが


引き上げながら コンクリートを打設します






伸縮目地



IMG_20190111_130744
IMG_20190111_130750
コンクリートに とっかどを作ってしまうと


必ず


その角から亀裂が走ります


基本は


四角くなるようにするのが土間コンの基本です


そのために 


この目地材で縁を切ります





面突き




IMG_20190112_163003
IMG_20190112_163008
これは


異なる素材の際に施工する

面突き


フラットに仕上げると

必ず 小割れが生じるのと


見た目を綺麗にするために



面突き  します





以上



コンクリート マメ知識でした













左官職人さん 大集合



IMG_20190112_155718
IMG_20190112_0912251
お客様の駐車スペースと 店舗のお客さまのスペースの関係上

140m2のうち 70m2を


一気に流しました



日を設定し



みやもと職人所属する


職人連合 宍粟支部


一声かけると

3人 応援に駆けつけてくれました



合計 左官職人


4人で 一気打設


天候に無事恵まれ


綺麗に仕上がりました






さすが 宍粟職人チームワーク(#^^#)
















時事ネタの車編






日産の旧車好きなのですが



ここ最近のトヨタのスポーツカー




好きです(^^♪



先日のモーターショーで 春に発売決定が発表された


新型スープラ





yjimage64
実に トヨタ


攻めますね

2シーター

価格は


それなりの 立派な金額するでしょう




私が免許を取ったころ


流行ってたのが


初代 スープラ



yjimageaa2
海外のセリカXX (ダブルエックス)

スープラで販売されてました



日本でのスープラはこれが初期型で発売になりました


このフォルム


私たち世代を多く 虜にしましたね(^^♪



友人も乗ってました


ちなみに私は


四駆派でしたが・・






2代目のスープラがこちら



sssss1
時代の流れで


ボディが丸くなりすぎて

好き嫌いが別れました


この時代からでしょうか


若者のスポーツカー離れが始まったのは



レガシー ステーションワゴンや

アベニール ワゴン

のちに SMX

とか

アウトドアブームのなか

室内空間やラゲッジスペースを重視した車が売れる時代に変わっていきました



時代の流れですね






しかし

トヨタ 攻めます


たしか7年程前の

GT 86 (ハチロク)の発売

FRスポーツ最後の レビン トレノ世代の

AE86世代を ターゲットにしたのでしょう

結構 私たち世代かちょい上くらいの年恰好のドライバー

よく 見かけます

お値段も 270万~300万越え

でも

売れるんです



この スープラ


この価格帯は おおいに上回るでしょう




街で見かけるのが



楽しみです(^^♪








ひがしぐち たかし
お問い合わせはこちら