HOMEブログ > 管工事施工管理技士として警鐘できること 姫路エクステリア外構

管工事施工管理技士として警鐘できること 姫路エクステリア外構

デザイン立水栓の施工です

当時施工された外構業者さんが直接ブロックに埋め込んだ施工をされておられました

この施工のリスク わかり易くご説明させていただきます


デザインのウォールに

さりげなく 水道

すっきりして


一見 スマートに見えますが


DSCF5556
ブロックに直接埋め込まれていますので

2年か3年前の 大寒波の時に

ブロックの中で配管が破裂しました

そのまま   地中配管をカットしてキャップ止めして

出ない状態で仕方なく過ごされておられましたが

何かとお庭の水やりに不便なので




今回 エクステージで補修のご依頼を承りました



ブロックを完全に壊して 配管を一から


やり替えるのもできますが



エクステージでは


ブロックやレンガの中に水道管をセットする仕事はしません


10年以上前に何件かしましたが


やっぱり 寒波で破裂 漏水が発生したので


誠意と責任をもって無償でメンテを対応してきました


以後

この工法は エクステージでは 完全NGとさせてもらってます



水道関係は特に

メンテナンスができないと 意味がありません




もしお客様に

「中で破裂したらどうしたらいいんですか」


と 質問があると


管工事施工管理技士として


お答えする 言葉が見つかりません



たしかに ブロックレンガはダイレクトに温度を伝えます


給水に関しては
今はVPの配管より強度のあるHI エッチアイ を配管と使用しますが

耐衝撃に強いだけで



凍結による膨張に対する強度はなんら意味がありません


皆さん 


思い出してください

小学校の水飲み場の水栓

あれはセメントにタイルですが


配管はステンレスを使用しています


そうです

ブロックに埋め込むにはステンレスが正解です



さすがに エクステリアの水道で


ねじ切りの加工が必要な配管はできないでしょう




エクステージのお客様は

こんなリスクをご理解の上

メンテナンスの可能な


独立型 デザイン立水栓で施工しています








DSCF56971
今回は

万が一の為


バルブのセットを私がお勧めしました

DSCF5693
DSCF5694
もし

水道に問題があれば


バルブを止めていただき


エクステージにメンテナンスの連絡をしてもらう


こういった意味で

バルブは有効です



配管セット後の 水圧テストも


私 立ち合います


DSCF5701
DSCF5703
埋まってしまうから

配管をセメントで巻いてしまうのも

NGです

しっかり 緩衝材を巻いて

セメントと縁を切ります


ブロックに配管を埋め込んでいる時点で
セメントに干渉しているので
その時点で ブロック埋め込み水道は アウトです


あとは

DSCF5705
支柱をして

固定


DSCF5717
後々

DIYの予定なので

私の仕事は

石を置くだけの

おまけ工事サービス




しっかり 水道の施工管理が出来ました



この仕事を何年もしてると

このケースの水道補修ちょいちょいあります


水道のメンテンスできないのは 警鐘の意味で

チョット 管工事施工管理技士としての意見ですが

施工業者として不親切かと思われます


この工法をいまだされておられる業者さんも ちらほらおられますが


しっかり ブロックを壊してまでメンテナンスを対応してもらえるか


確認が必要ですね





しっかり会社概要をチェックして
専門の施工管理技士が在籍しているか
確認しましょう

安心をお買い求めください




2級管工事施工管理技士

東口 崇
お問い合わせはこちら