HOMEブログ > 床がいたんできてる     30年の勲章

床がいたんできてる     30年の勲章

 

 

昨年から気になってるヶ所、事務所の床が一部、歩くとたわむようになった

 

所がある、創業して5年位に建てた建物だからかれこれ30年

 

 

当時のスタッフはもういないが、個性あふれる人材であった思出がある、

 

 

どの人も良い面を残して行ってくれた、

 

 

当時皆若かったから、深夜遅くまで残って図面書き、見積もり等に追われていた

 

 

改善の為と、当時としては高価なCADをいれたこと、結果よう使いこなさなくて

 

 

モニターに新聞紙を貼り付けていたことも

 

 

経理してた嫁が怒って当てつけに貼りつけたのだ、見えると腹がたってくると

 

 

 

必ず使うからと反対する嫁を説得して導入したが、約1年半程度こうした状態が続いたが、

 

 

使いこなす事が目標とひたすらCADの前に座り続けた

 

 

2カ月程度で使いこなし、プレゼンに提供できるようになった

 

 

結構良い図面を出すと評判にもなったりはした、

 

 

技術の進歩は速い、カラーで図面が出力出来るようになり

 

 

今では業界では当たり前の様になってきた、猫も杓子もと

 

 

反面手書き図面が喜ばれる様になってきています

 

 

若い社員は5年後には建て替えるのが目標だとか大きな夢を持っている

 

 

その頃はどんな風に変化しているだろう?

 

 

私は70   ああいやだ いやだ   今年は引退の年になればとねがう?

 

 

 

社員 曰く    今でもほとんどそうだと   思ってるかも?

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら