HOMEブログ > アプローチ蹴上げ編

アプローチ蹴上げ編

2011年6月20日(MON)


今日は高低差を解消する為のステップについて書いてみます。

 

プランを作成するうえで、ネックになってくるのが高低差

 

しかし、この高低差を利用すれば見栄えのするお洒落な門周りを演出することが出来ます。

 

 

レンガサイズの自然石を積み、足元には小さな緑のスペース。

門袖壁に使用した自然石と合わせ豪華で一体感のある門周りとなりました。

 

 

 

 

 

道路勾配がありますので、踏み込む位置によって高低差が異なります。

人の導線も低い位置から上がってきますので、サークル状に蹴上げを設け

自然石をコバ積みすることで、豪華な印象を与えます。

 

 

 

 

 

ナチュラルな雰囲気に合わせウッドデッキ風な木製ステップ。

サイドに張りだした、1段目が全体に幅を持たせ柔らかい印象を与えます。

 

 

 

 

 

スロープで仕上げる事も可能でしたが、立体的な動きとシャープさを演出するのに

道路際で立ち上がりを設け、直角に折れ玄関へと続いていきます。

廻りに敷き詰められた白い砂利も手伝って、アプローチが浮かびかがります。

 

 

 

 

 

サークルを利用したステップ。足元には植栽スペース。

上り口を広く設け、自然と門扉へと誘導されます。可愛く仕上がりました。

 

 

 

ステップの設け方、使用素材選びで随分と印象の変わる門周り。

 

外構の脇役、門周りの引き立て役として、個性あるステップを考えていきます。

 

 

Kajiwara

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら