HOMEよくある質問野菜について > プランターでレタスの作り方

プランターでレタスの作り方

レタス・・・種まきの時期・・・3月、4月と9月・10月 (秋まきがおすすめ)
プランター(深さ15cmぐらいの底の浅いプランターでも作れます。)
底石は、土が流れださないようにし、プランターの受け皿を用意下さい。(底に穴があいてるものを!)
土・・・プランターに培養土と化成肥料を混ぜるとよいでしょう。
(化成肥料の場合:大2、~3杯、培養土と有機肥料の場合3対1)
気軽に作りたい場合は、肥料入りの培養土を購入して下さいね。
*** 種をまく前に肥料の栄養分を溶かすように水をたっぷりとかけるのがポイント***
種まき・・・ばらばらと全体的にまいてあげれば種まき作業はおしまいです。
*****土は、上にかけなくてもよいらしいです。****
発芽まで、乾燥させないように、霧吹きやジョウロなどで水をあげましょう。
双葉がでたら日光浴をさせてあげましょう。(光合成をはじめ成長開始です)
本葉が込み合ってきたら間引いてあげましょう。注)間引く場合、太いものは、採らないように気をつけましょう。
間引きのたび、培養土を根元にかけてあげましょう。(増し土)・・・成長がよくなる。
小さくても間引いたレタスは食べられるそうです。
追肥・・・化成肥料は、プランターが小さいので大さじ2杯を全体に追肥しましょう。
収穫・・・成長して食べごろになったら、ハサミで切りながら食べることができ、横の葉っぱ(外葉) から食べるのがポイントで、中央からどんどん伸びていくそうです。
お問い合わせはこちら