HOMEよくある質問野菜について > 水菜の育て方

水菜の育て方

水菜・・・アブラナ科
種まき・・・3月~4月 9月~10月
植え付け時期・・・4月~5月 9月~11月
収穫時期・・・4月~6月 10月~12月
少しピリッとする辛みが特徴で、シャキシャキとした歯触りのよさで、人気の京野菜の一つです。
大きく育てるには、深さ20cm以上の鉢やプランターを使いましょう。
生育適温は、15℃~25℃。直射日光の当たらない半日かげにおきましょう。
種まき・・・鉢底石を敷き詰めたプランターや鉢に培養土を入れ、表面を軽くならしましょう。
鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水をかけましょう。
深さ1cmぐらいのまき穴を指などで4~5cm間隔ぐらいに作りましょう。3~4粒の種をまきましょう。
種が流れてしまわないように気をつけながら、霧吹きやハスロの付いたジョウロでそっと水を与えましょう。
間引き・・・本葉が2~3枚になったら生長の悪いものを間引き、元気そうなものを残し、1ヶ所に1本になるようにしましょう。
その後土を足し、株元に土を寄せ軽く指先で押さえましょう。
その後たっぷりと水を与えましょう。
肥料・・・葉をたくさんつけるので20日目ごろに追肥しましょう。
水やり・・・乾燥に弱いので、乾燥状態が続かないように、乾いたら、水が流れ出るくらいまで水をやりましょう。
収穫・・・15cm以上になったら、食べごろ。
種まきから1ヶ月草丈が20~30cmくらいまで伸び、葉の色が濃くなったら収穫時期、根元のほうを握り、1株ずつ引き抜きましょう。
1ed9939b59f41636b3a912f5f10af5fb
お問い合わせはこちら