HOMEよくある質問野菜について > 壬生奈の育て方

壬生奈の育て方

Mibuna1
秋に植える野菜シリーズ

壬生奈・・・水菜の変異種で京都の壬生(みぶ)地域で発見され広まったらしいです。

水菜は、茎が白い、葉には、深い切れ込みがある

壬生奈は茎は緑色、葉には切れ込みがないのが特徴。

壬生奈は、分枝性が強く、秋まきで大株に育てると、1株で葉数が数百枚、重さは4㎏以上にもなるそうです。

虫がつきやすいので害虫が多い時期に栽培するときは、寒冷紗などで防除をしましょう。
種まき・・・3~5月(春まき)と9月(秋まき)

発芽後、本葉が出たら間引きはじめ、本葉3~4枚までに1箇所1本になるように間引きましょう。

追肥は、本葉5~6枚の頃に行い、大株収穫の場合は、さらにその1カ月後にも追肥しましょう。

小株収穫の場合は、草丈が25cm以上になったものから、株元を切って収穫をする。

大株収穫の場合は、12月~2月にかけて、株元が大きく張り出してきたら収穫をしましょう。
お問い合わせはこちら