HOMEよくある質問野菜について > じゃがいもの育て方

じゃがいもの育て方

育て方ポイント・・・連作はしない。
・・・・タネいもは、「植物防疫検査」に合格したものを使用する。耐病性に弱いので、食用の芋を用いるとできが悪く、収量も少なくなる。
・・・・こまめな土寄せが大切。
育て方・・・2月、3月・・・中和するため、貝殻石灰をまぜ、深く耕しておく、深さ15cm、幅70cmの畝を作る。 元肥として、油粕、魚粉を入れ、土を埋め戻す。
 ・・・タネいもの準備、タネいもを二つに切り、切り口を下に向け、30cm間隔で並べる。
並べたら土を軽くかぶせて上から押さえつける。
桜が咲く頃 ・・・マルチング・・発芽したあと、霜などから守るため、敷きわらを厚く敷きつめましょう。
梅雨時期・・・芽が10cmくらい伸びたら、生育の良い芽を2本残し、他の芽は、かき取る。
(その時、かきとる芽は、横に倒すようにして引き抜き、残す芽は、抜けないように手で押さえましょう。)
土寄せ・・・草丈が15~20cmくらいになったらクワをする。新しい芋は、タネ芋の上にできるので、こまめに土寄せすることが大切。(変色防止、病害虫予防になる)
6月、7月・・・収穫・・・6月~7月頃、気温が高くなって茎や葉がしおれたようになったら収穫できるそうです。
芋を傷つけないように丁寧に掘りお越しましょう。
堀上げたら、2時間ほど畑で乾かして、泥を落とし、風通しの良い日陰で保存しましょう。
(腐らないように、よく乾かしましょう。)
969228d7e3ec0a502983c9506d83f4c8
お問い合わせはこちら