HOMEよくある質問野菜について > 秋きゅうりの育て方

秋きゅうりの育て方

76d69e3626dd93ad86139170e489719a
秋きゅうり・・・キュウリといえば夏野菜の代表ですが、時期をずらして栽培すれば、初夏~秋まで収穫することができます。秋きゅうりの種まきは8月初旬に行いますが、初心者には種からよりも苗からの栽培がお勧めです。秋きゅうりの育て方、栽培方法は夏の栽培と全く同じです。

用土・・・きゅうり栽培に適した用土は市販の野菜の土を利用すると簡単です。

植え付け時期・・・8月中旬から9月の上旬ごろに植え付けを行います。8月の半ば頃から園芸店やホームセンターで苗が販売されますので、初心者は苗からの栽培をしてみましょう。

植え付け・・・きゅうりを植え付ける時は根鉢より少し大きめの穴を掘って、根鉢を壊さないように丁寧に植え付けます。プランターで栽培する時は苗と苗の株間を約40cm確保して、畑(菜園)で育てる時は約50cm以上を確保しましょう。植え付けた後はたっぷりと水やりをします。

支柱・・・20~30cmにまで育ったぐらいで支柱を立てます。葉が大きくなるので、150㎝位の支柱をしっかりと立ててツルを誘引します。

摘心・・・親ヅルが大人の背丈くらいになったら、親づるの先を摘心します。摘心とは先を摘み取ってしまうことです。摘心をすることで収穫量が増えます。

肥料・・・根が張らないうちに追肥を行います。植えつけてから、月に二回か三回か液肥を与えます。固形肥料(例:草木灰入り発酵油かす)の場合は月に一回程度にします。

かかりやすい病害虫・・・うどん粉病、半枯病、ベト病、アブラムシ、ハダニ、褐色円星病などにかかる可能性があります。キュウリは、やや病気にかかりやすいですので注意が必要です。

連作障害について・・・ウリ科の植物は連作障害を起こします。キュウリだけでなく、ヘチマやゴーヤなどを前年に植えた土にそのままキュウリの苗を植えるとあまり成長しません。同じプランターに植える場合は土をそっくり入れ替えるとよいです。
お問い合わせはこちら