HOMEよくある質問植栽について > スモークツリーの育て方

スモークツリーの育て方

スモークツリー・・・ウルシ科 ・・・落葉性小高木
剪定・・・落葉期の冬、作業は、毎年!・・・勢いの弱い枝、重なりあった枝を切り落としましょう。(風通しと日当たりをよくする為)
樹型がうまくまとまるように枝を切り詰めて、古い枝を切り、若くて美しい枝葉を出させるように、株の若返りを図りましょう。
どこを切っても新芽を吹くが、剪定の必要がない枝までばっさり刈り込まないように注意しましょう。樹液は、匂いがきついので、服や手に汁が付かないように注意して作業しましょう。
勢いよく伸びる枝(徒長枝)は、花後に短く切り詰めましょう。
日当たり・・・良い場所を好む。暑さにも強いので真夏の直射日光が当たるような場所でもok !!
耐寒性も非常に強いので防寒対策をする必要はないそうです。
水やり・・・乾燥した土を好む。鉢植え・・水のやり過ぎに注意しましょう。 土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。
地植え・・・植え付け直後や真夏に日照りが続くような場合をのぞき、普段の水やりの必要はないそうです。
肥料・・・ほとんど与えなくても良い。 与えただけ大きくなるので扱いづらくなるそうです。
地植え・・・植え付けを行う際に土に堆肥を混ぜ込んでおきましょう。
鉢植え・・・12月~2月頃に追肥として緩効性の化成肥料を株から少しはなした場所に与えましょう。
2月頃に与える肥料を寒肥(かんごえ)といって、春から新芽が伸びスムーズに生育するために施しておく肥料。花後にも同じものを少量与えましょう。
用土・・・過湿に弱いので、水はけをできるだけよくしましょう。 赤玉土5:腐葉土3:川砂2の割合で混ぜた土で植えましょう。
地植え・・・選ばないが、粘土質で、水通りにくい土地は、避けましょう。
植え替え・・・必要はないそうです、鉢植えは、根でいっぱいになったら、一回り大きな鉢に植え替えましょう。
植え付け時期・・・落葉期の11月~3月が適期、巌寒期は、避けましょう。
植え付け後は、充分に水を与え、根ついてくるまでの1ヶ月間はできるだけ乾かさないようにしましょう。(一度根づくと普段の水やりは必要ないそうです。)

お問い合わせはこちら