HOMEよくある質問植栽について > シラカバの育て方

シラカバの育て方

シラカバ・・・カバノキ科・・・・落葉性の高木、白い幹が非常に美しい、暑さに弱い、寒冷地向き
・・・害虫・・・テッポウ虫・・・カミキリムシの幼虫。幹の内部に潜り込み食い荒らし、外側から見つけにくいみたいです。
幹に穴をつくって侵入するので、枯れ枝が急にふえたり樹全体の様子がおかしいときは幹に穴が開いていないか、株元に木くずが溜まっていないかチェックしましょう。
    剪定・・・間延びした枝を切り落とす程度。(3月頃が作業の適期)
    日当たり・・良い場所が一番の条件
夏の蒸し暑い平地、暖かい地方でも成育するが、寒冷地に比べると幹のつやも鈍く、寿命も極端に短いみたいです。
水やり・・・株元の乾燥を嫌う。平地、暖地、夏の高温とともに乾燥しやすいので、水やりをしましょう。
  肥料・・・必要ないみたいですが木が若い内は、油かすなどを少量施す場合があるみたいです。
土・・・平地、暖地で庭木の場合、腐葉土、堆肥のたっぷり入った水もちの良いやや軽めの土が適しているそうです。
植え付け・・・適期・・・2月中旬~3月
   

シラカバ

お問い合わせはこちら