HOMEよくある質問植栽について > 芝生の手入れ

芝生の手入れ

芝生・・・重要なのは、刈り込みです。基本的には、芝刈り機を使用しましょう。
丈が7~8cm伸びたころから刈り込みを始め徐々に低くしていきましょう。(2~3cm)
肥料・・・刈りかすに肥料成分は、含まれているので、十分に与えましょう。
標準として・・・チッソをとり・・・1回につき1㎡当たり2~4g与えましょう。
リンサンやカリはこれと同量か以下でも大丈夫だそうです。
これを年間4~5回与えると年間それぞれ、12~15gになるのでよいみたいです。
(粒形のもの、施肥した後は、直ぐに水をまき、溶かしましょう。
目土・・・外界の影響を受けやすいので、保護するために必要!!
特に芝生の造成当初は、その面が平らではないのでならすために必要!!
全面張りの時に「めじ」ができるのでそれをふせぐためでもある。
目土を入れる時期・・・3~4月頃~9月頃(年2~3回)
潅水・・・・スプリンクラーが望ましい!・・ない場合・・ホースの先端をしぼって細かい水滴して潅水しましょう。
平均してむらなく散水する、水滴はできるだけ細かい霧状にすること。
時間をかけて1回にかなり多くの水を与えましょう。
2~3日に1回ぐらい
通気・・・土壌そのものに通気するため、芝生に5~6cmの深さの小さな穴をあけましょう。
(土が固くなると根が十分に伸びず、酸素不足により弱ってくるみたいです。要注意)
芝生が荒廃する原因
1.排水不良
2.踏圧による土の固結
3.はなはだしいマット状(サッチ集積)
4.病害虫、その他不時の原因による害
5.芝草の選び方の誤り
6.樹木の日陰
7.水不足
8.雑草侵入
*** 芝生の選び方の誤りは、方法がないので、やり直すほうがいいみたいです***
***芝生の荒れ方の程度により、部分更新、全面更新(改造)になるそうです。****
(全面更新は改造なので、荒廃の原因を考えて新しく床土づくりから始めたほうがいいみたいです)
芝生の大敵は、雑草です。
チッソ肥料を十分施して頻繁に刈り込むと雑草対策になるそうです。 (芝生が伸び雑草に日陰を与え刈り込む。その繰り替えしですね)
a2b23d8a3fd327710f9fb3da9fb2f994
お問い合わせはこちら