HOMEよくある質問植栽について > ライラックの育て方

ライラックの育て方

yjimageLQH6UQ49
ライラックの育て方
日当たり・・よく日に当てましょう。花付きも良くなるそうです。

ただし、高温に弱く、暑さや乾燥で葉が傷んで株が弱り、花付きが極端に悪くなることがあるそうです。

西日に注意!耐寒性は強いので防寒は必要ないそうです。

水やり、肥料・・・鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。
地植えは一度根ついたら特に水を与える必要はないそうです。

真夏は、乾くようでしたら水やりをしましょう。
乾燥がひどい時は、株元に腐葉土、ワラを厚めに敷いて保護しましょう。

冬に油かすや骨粉などの有機肥料を与えましょう。

鉢植えは、固形の有機肥料がいいかも!

落葉時の冬に与える肥料を「寒肥」と言い、1年に1回、寒肥をちゃんとやっておけばそれ以上は不要みたいです。
鉢植えは水やりとともに肥料の成分が流れるので、花後に粒状の化成肥料を追加しましょう。

剪定・・枯れた枝、伸びすぎた枝を切る程度にとどめましょう。
ばっさばっさ刈り込むような剪定は絶対避けましょう。
花の咲き終わった直後が剪定の適期です。

翌年咲く花芽は、7月~8月に枝の先端にできるそうです。
無闇に剪定しないように!

施工例はこちら・・・1
お問い合わせはこちら