HOMEよくある質問植栽について > ナナカマドの育て方

ナナカマドの育て方

ナナカマド・・・バラ科・・・ 落葉性の高木 ・・・開花時期・・5~7月 果実熟期9月~11月
・・・・初夏に直径1㎝くらいの小さな花が多数集まり房状になって咲く。花後には、5mmほどの小さな球形の果実を付け、秋・・・熟し真っ赤に色づき、果実は落葉後、残って木を彩り、目を楽しませてくれるみたいです。
・・・・・秋の紅葉は、非常に美しいそうです。
 ・・・・・寒冷地では、害虫の発生は少ないので街路樹として利用されるみたいです。
 ・・・・ナナカマドは、「七竈」と表し、材質が固く「七度かまどにくべても燃え切らずに残る」とか、「炭にするには七度焼かなければならない」等の諸説があるみたいです。
・・・・「燃えにくい」事を表しているが、燃えるのが遅い程度で良質の炭(白炭)になるそうです。
・・・・葉裏が粉を吹いたような白色になる・・ウラジロナナカマド 中国原産・・・ニワナナカマド
・・・・ヨーロッパ原産・・・セイヨウナナカマドなどの近縁種があり、それ以外にも、ナンキンナナカマド、ホザキナナカマドなどがあるそうです。
日当たり・・・良く、腐葉土など腐植質がたっぷり湿り気のある土壌が適している。庭木は、樹高、1~2m程度に収まるナンキンナナカマドが適している。
肥料・・・やせ地でない限り、肥料を与えなくてもいいそうです。
腐植質に富んだ湿潤な土壌を好むので冬に堆肥や腐葉土を株元にすき混んであげましょう。
病害虫・・・平地、暖地、発生しやすい、定期的に薬剤散布をして予防しましょう。
植え付け・・・株が小さい内は移植できるが大きくなってからは根付きにくく難しいそうです。

お問い合わせはこちら