HOMEよくある質問植栽について > モチノキの育て方

モチノキの育て方

モチノキ・・・常緑性高木 
丈夫な樹木、カイガラ虫とすす病の被害をうけやすいので定期的な剪定と薬剤散布で予防しましょう。
すす病は、カイガラ虫の排泄物から発生する病気なので、駆除して防止しましょう。
日当たり・・・日陰に耐え、日当たりと水はけのよい肥沃な場所が理想的。
粘質の土地が最適、乾燥が厳しいやせ地では、育たないそうです。
耐寒性がない。
水やり・・・2月に堆肥もしくは油かすに骨粉を2割程度混ぜたものを株元に軽く施しましょう。
植え付け時期・・・5月~9月、真夏は避けましょう。
腐葉土や堆肥を多めに混ぜておき、やや山高になるように植え付けましょう。
剪定・・・・形がまとまっているものは、乱れた樹形を仕立て直すために剪定しましょう。
6月~7月 、夏から秋に伸びた枝が成長を止める11月以降の年2回が適期だそうです。
 

          モチノキが入った施工写真はこちら・・・1

bcb9bed0b776f55eb9c14a595424a330
63504ab85bd4d3b18cd0b7cc0bd8c03b
お問い合わせはこちら