HOMEよくある質問植栽について > キンモクセイの育て方

キンモクセイの育て方

モクセイ・・・5つほど種類があり、最も多いのが、キンモクセイで、ギンモクセイ、ウスギモクセイ、シマモクセイそしてヒイラギモクセイがあるそうです。
10月に花を付ける・・・キンモクセイ・・・橙黄色   ウスギモクセイ・・・ごく薄い黄色
ギンモクセイ、シマモクセイ、ヒイラギモクセイは白色の花が咲くそうです。
葉は、ヒイラギモクセイには、鋸歯があるが、他のものはほとんど全縁である(わずかに鋸歯が残っているものもあるみたいです)・・・ちなみに、当社のウスギモクセイの葉も、鋸歯が残っています。
剪定、整枝・・・毎年行う方法と3~4年に1度行う方法があるそうです。
作業の適期・・・新芽が出る前の2~3月、開花後の10月
毎年少しずつ切り詰めて枝を整える方がよいそうです。
日当たりを好む
やや寒さに弱い
一度根付いてしまえば、特に水をやる必要はなく、鉢植えは、表面が乾いたらたっぷりと水をあたえましょう。
肥料・・・地植えの場合・・・2月頃に骨粉、草木灰などリン酸やカリの多く含まれたものを与えましょう。
用土・・・水はけがよく肥えた土が適している。(やせ地には、堆肥や鶏糞を混ぜ込んでおく必要があります。)
07fd6d351a2598854b7d84dc1c0663f3
お問い合わせはこちら