HOMEよくある質問植栽について > ジューンベリーの育て方

ジューンベリーの育て方

ジューンベリー・・・バラ科 
果実が紅紫色に完熟して、つまんでやわらかくなったら収穫しましょう。
ほおっておいても実はよく付きますが、筆などで花をこちょこちょと撫でて人工授粉すると実付きが良くなるそうです。
樹形の仕立て方は、2種ある。 枝を切る作業・・・落葉期の12月~3月
主幹仕立てにする場合 1年目・・・苗木を仕立てる。植え付け後・・・50~60cmの高さで幹の先端を切り落とす。
2年目・・・わきから出てきた枝を1本だけ残して他は付け根で切り落としましょう。
残した側枝が長く伸びてきたら、3分の2を残して先端を切り落としましょう。
3年目以降~・・・幹、枝のわきから伸びた枝の先端を3分の2残して先端を切り落とし、樹の内側に向かって伸びる邪魔な枝は、付け根から切り落とし樹形を作っていきましょう。
株元から勢いよく伸びてくる枝を見つけ次第付け根から切り落としましょう。
(シンボルツリーなどに適している)
その後・・・一度実を付けた短枝や他に比べて勢いのある枝は、付け根から切り戻し、伸ばしたい枝は、先端を軽く切り落としてわきから枝を出させるようにしましょう。
株立ちに仕立てる場合・・・株元から勢いよく伸びてくる枝を1~2本残して他は付け根から取り除きましょう。残した枝は、3分の2残して先端を切り落とし、わきから枝を出しましょう。
2~3年実を付けた枝は、老化して実付きが悪くなるので、短く切り戻し、新たに若い枝が出るようにしましょう。
日当たり・・良い場所~明るい日陰でよく育つそうです。(西日の当たる場所は適しない)
寒さに強いので、防寒は必要ないそうです。
水やり・・・乾燥に弱いので、鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。
地植え・・根ついてしまうと水やりの必要はないそうです。
肥料・・・芽を出す前3月頃に化成肥料を施しましょう。鉢植え・・・9月にも肥料を与えましょう。
用土・・・水はけと水もちの良いやや酸性の用土を好む。庭植えは、植え付ける前にピートモスを混ぜ込んでおきましょう。
鉢植え・・・赤玉土にピートモスを3割ほど混ぜた用土を用いましょう。
植え付けの適期は落葉期の12月~3月。

お問い合わせはこちら