HOMEよくある質問植栽について > ヒイラギナンテンの育て方

ヒイラギナンテンの育て方

ヒイラギナンテン・・・常緑性低木・・・ヒイラギ・・・モクセイ科  ナンテン・・・メギ科
ウドンコ病に注意、早めに殺菌剤を散布しましょう。(高温で湿度の低い環境で発生しやすい)
花が終わった株は、花穂を付け根から切り取りましょう。
枯れた枝葉は随時取り除きましょう。
剪定・・・樹形を整えるために長く伸びすぎた古い幹を付け根から3分の1くらい上の部分で切り詰めて脇から新しい枝を出させるようにするか、元から切り取り地際からでてくる新しい枝(ヤゴ)を育てるようにすると周りの枝との高さも揃い、バランスのよい形になるそうです。
適期・・・11月~2月 冬に花を咲かせる品種は、花後に作業をしましょう。
日当たり・・・半日陰、西日や強い風の当たらない場所!
水やり・・・鉢ウ植え・・・表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。
地植え・・・真夏の乾燥する時、苗を植え付けた時以外は特に与える必要はないそうです。
肥料・・・油かすに骨粉を10%ほど混ぜたものを2~3月(冬に開花する品種・・4~5月)に1回、株元に施しましょう。
用土・・・腐葉土などの腐植質をたっぷり含んだ肥沃で水はけの良い土が適しているそうです。
植え付け時期・・・3~4月、9~10月  寒冷地・・・秋遅くに植え付けると寒害を受けやすいので気をつけましょう。
 

           ヒイラギナンテンの入った施工写真はこちら・・・1

a160dc9d17407c0fb10c050826c0c3e7
お問い合わせはこちら