HOMEよくある質問植栽について > アセビの育て方

アセビの育て方

アセビ・・・ツツジ科 ・・・常緑性低木・中高木
害虫・・・グンバイムシ・・被害が多い春先で過度に乾燥させると発生しやすいので、発生時期に薬剤散布して駆除しましょう。
ハマキムシ・・・被害にあった葉ごと幼虫を取り除きましょう。
花後は、すぐに花穂を付け根から切り落としましょう。
剪定の必要はないそうです。
樹形が乱れたり、枝同士が重なって混み合う場合、枝を切り落とす程度にしましょう。
時期・・・花後~花芽分化までの期間、春~初夏の間、花後なるべく早い時期(6月までに)作業を済ませましょう。
太い枝を切り落とした場合、切り口に癒合剤を塗り雑菌が侵入しないようにしましょう。
鉢植え・・大きくしたくない場合・・枝分かれしている部分、小枝の出ている箇所で切り詰めましょう。
翌年咲く花穂は秋にでてきますが乾燥や肥料不足で夏前に発生することがあるので、8月下旬に、2,3枚葉を付けて花穂を切り取りましょう。(鉢植えなど、見栄えを気にする場合に行いましょう)
株が老化して根が張りすぎると花数が多くなる。株のまわりに垂直にスコップを突き入れて根を切る、株の若返りをはかりましょう。
日当たりの良い場所で育てた方が花つきはよい。(西日の当たる場所は、避けましょう。)
午前中は日当たり良く、午後からは、日陰になるような場所が理想的です。
水やり・・・地植えは、一度根づくと乾燥に耐えますが、鉢植えは、水切れに注意しましょう。
肥料・・・春と秋の年2回与えましょう。ゆっくりと効く化成肥料を株元に施しましょう。
b155345d3056e8269fcb03e5fe849266
お問い合わせはこちら