HOMEよくある質問植栽について > マンサクの育て方

マンサクの育て方

yjimageASGN68UZ
マンサクの育て方・・・開花期・・・2月~3月
・・・植え付け・・・3月、11月
・・・剪定・・・3~4月
・・・庭植え・・夏に極端に乾燥せず、冬に乾燥した寒風の当たらない、日当たりのよい場所を選ぶ。
・・・腐植質に富んだ、水はけと水もちのよい土壌が適している。鉢植えしないほうがいいみたいです。
・・・7月から9月の夏の高温期に、土の表面が乾いたら水を与えましょう。
・・・朝または夕方に土にしみ込むまでたっぷりと与えましょう。
・・・肥料・・5月と12月に暖効性化成肥料や有機質肥料を施しましょう。
・・・病害虫は見られないようですが、春に葉が枯れる病気が近年発生しているみたいです。
苗を入手する際に、春先に新葉の状態をよく確認しましょう。
植え付け・・・厳寒期を除く落葉期の11月か3月に植え付けましょう。
株がぐらつく場合は支柱を立てましょう。
剪定・・・花後、新葉がでる前に枯れ枝を切る程度にしましょう。
マンサクは、冬の名残のある野山などで、木々の芽吹きも始まらない季節に、黄色の花を咲かせ、いち早く春の訪れを告げる花木だそうです。

花がよく咲けば豊作、少なければ不作など、稲の作柄を占う植物として古くから人との深いつながりをもっているそうです。
お問い合わせはこちら