HOMEよくある質問植栽について > コデマリの育て方

コデマリの育て方

b33832598bd6aadf8f9e09a0a0aa747b
コデマリ・・・中国原産の落葉低木で、名前は小さな手毬状の花姿に由来します。樹高は1m~1.5mで枝は細くて長く伸びたものはゆるく弓状にしなります。主な開花期は4月~5月で、満開時は枝に沿ってびっしりと手毬状の花が付きます。


日当たり・・・日当たりのよい場所を好みますが、半日陰の場所でも問題なく育ち、花も咲かせます。

水やり・・・土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

肥料・・・肥料は2月頃に油粕と骨粉を混ぜた物を、花後の6月頃には体力を回復させるために化成肥料を施します。

用土・・・特に土質は選びませんが腐葉土などの有機質の多い、少し湿り気のある土壌でよく育ちます。

鉢植え・・・大きくなるため鉢植えでは栽培しません。

剪定・・・剪定は花の終わった後すぐに行います。

植え替え・・・鉢植えのものは2~3年に1回、春か秋に一回り大きな鉢に植え替えを行います。それ以上、鉢を大きくできない場合は植え替え時に株分けを行います。

かかりやすい病害虫・・・日当たりや風通しが悪いとカイガラムシが発生します。幼虫の時期は比較的薬剤散布が有効ですが、成虫になってしまうと薬が効きにくいので、見つけ次第歯ブラシなどでこすり落とします。
お問い合わせはこちら