HOMEよくある質問植栽について > ケアキの育て方

ケアキの育て方

0c3248aa0ab08d585a3c1bf415c679ce
ケアキ・・・街路樹や庭木としてよく植えられる木です。まっすぐ伸びる幹が特徴で、葉が扇状になる美しい木でもあります。

日当たり・用土・・・真夏の直射日光にも強く、北海道以外では冬も問題なく越します。排気ガスなどの大気汚染に弱いので都市部では育ちにくいようです。枝の張り方が広く、狭い場所には不向きです。あまり土質を選ばず育ちますが、適度に湿り気を保つ肥沃な土壌を好みます。

水やりと肥料・・・強い乾燥に弱いので、苗のうちは夏場に水をたっぷり与えて株元を藁で覆います。十分成長するまで2年か3年は乾燥しないように水をやってください。特に冬は葉が無く水やりを忘れがちになるので気を付けましょう。


植え付け・・・植え付けの適期は3月~4月、10月~11月で、植え付け後はしっかりと支柱を立てるようにします。植え付けてすぐに冬の寒風に晒されると細かい枝が枯れてしますので、秋に植え付ける場合は時期が遅くならないようにしましょう。

剪定・・・落葉時期に剪定をします。刈り込んでしまうと本来の美しい樹形を損ねてしまうので、風通しをよくし、内部まで日がさす程度にしましょう。

かかりやすい病害虫・・・苗のうちはうどんこ病や褐班病、白紋羽病にかかると、大きく生長が阻害されることが多いので、定期的に薬剤を散布して予防に努めます。また、ケアキの葉にはこぶの様なものがよくできます。このこぶの中にはケヤキハフクロフシという虫が詰まっています。たくさん寄生されてもケアキが枯れることはないのですが、こぶのできた葉はいずれ茶色くなって見苦しいです。ケヤキハフクロフシは夏の間にタケ・ササ類に移動・繁殖し、秋にケアキに戻り越冬するので、自分の土地であれば近くのタケ・ササを刈り取るのが一番の対応策です。

お問い合わせはこちら