HOMEよくある質問植栽について > キリシマツツジの育て方

キリシマツツジの育て方

d76ff001569f25da2e32ac2147f90cbf
キリシマツツジ・・・常緑低木で、4月から5月頃に小ぶりの花を開花させます。花の色は紅色ないし白です。庭木や公園木にしたり、鉢植や切花に使われます。

日当たり・用土・・・酸性土壌で水はけがよく、日当たりのいい場所を好みます。

水やり・・・庭植えでは、根づいてしまえば夏の日照りの時以外は水やりは特に必要ありません。鉢植えの場合、、夏は朝と夕方、春と秋は1~2日に1回程度、冬は乾燥したら水やりします。

肥料・・・濃厚な肥料は苦手なようです。花が咲いた後お礼肥を施します。また、9月と2月に油かすと骨粉を施します。鉢植えの場合は、ゆっくり効くタイプの化成肥料を施してもよいです。

植え付け・・・最適な時期は3~4月と9~10月です。水はけの良い、肥沃な酸性土壌に植えます。植えてあった用土はなるべく使わず、腐葉土やピートモスをたっぷりすきこんだ土に植えます。

植え替え・・・適期は花後のなるべく早い時期の6月中旬まで、または9月下旬~10月です。鉢植えの場合は、赤玉土(細粒)、鹿沼土(細粒)、ピートモス、バーミキュライトを4:2:3:1の割合の用土で植えます。植え替えは2年に1回が目安です。

剪定・・・開花後、なるべく早い時期の6月上旬までに剪定します。夏以降に剪定すると、せっかくできた花芽を切り取ってしまい、翌年花が咲かなくなってしまいます。

かかりやすい病害虫・・・夏から秋にかけて発生するシンクイムシ(ベニモンアオリンガの幼虫)は蕾を食べるので、発生したらスミチオン乳剤などを散布してください。4月~9月までは、ハダニ・ツツジグンバイが発生するので定期的に薬剤を散布するといいです。

お問い合わせはこちら