HOMEよくある質問植栽について > エゴの育て方

エゴの育て方

95afe045c67481051804df94a7e2f4373
エゴノキ・・・5月~6月になると可憐な白い花を下向きに咲かせ、秋には卵形の果実がなります。エゴノキの名前はこの果実を口に含むとえぐみがあるところに由来します。昔はこの果実をすりつぶして川に流す漁法が行われていたと言われています。

日当たり・用土・・・日当たりのよい場所を好みますが、強い西日が当たる乾燥する場所は嫌います。湿り気のある腐植質の多い土質を好みます。

水やりと肥料・・・基本的には庭植えします。若いうちは水を好むので成長期には水切れさせないように注意しましょう。成長すれば降雨だけで充分ですが、夏の炎天下などには土の表面が乾いていたらたっぷりと水をあげましょう。水が切れると落葉し枝先から枯れてしまいます。肥料はさほど多く要りませんが、冬に有機質肥料、花が咲いた後にゆっくり効く化成肥料を少量与えます。

植え付け・・・植え付けは厳寒期の1月~2月を除いた落葉期に行います。乾燥する場所ではあらかじめ腐葉土や堆肥などを混ぜ込んで水もちの良い土にします。 植え付け後は支柱を立ててあげましょう。

剪定・・・横に広がる自然な樹形が美しいのであまり刈り込むようなことをせず、他の枝と絡んだり重なり合っている枝や、垂直に伸びて樹形を乱している枝のみを剪定するようにしましょう。剪定は落葉時期に行います。枝先をきるのではなくて、不要な枝の根元の枝分かれした部分や節からバッサリと切り落とします。

かかりやすい病害虫・・・カイガラムシやテッポウムシ(カミキリムシの幼虫・幹の内部を食い荒らす)は見つけ次第早めに駆除しましょう。
お問い合わせはこちら