HOMEよくある質問植栽について > ウォーターマッシュルームの育て方

ウォーターマッシュルームの育て方

6152a8208589958f510f0811f0d3d64a
ウォーターマッシュルーム・・・丸くて小さい葉がかわいらしい水生植物です。きのこに似た葉をニョキニョキと伸ばすのでこのような名前が付いているようです。土植えはもちろん、ミズゴケに植えて水の入った容器に入れたり、ハイドロカルチャーに植えたり、睡蓮鉢に入れたり、水槽の中に丸ごと沈めて楽しむ事もできます。

日当たり・・・。ウォータマッシュルームは若干暑さに弱く、日当たりの良い場所で管理していて水温があまりに上がると枯れてしまいます。ハイドロカルチャーや小さなスイレン鉢で育てている場合は温度が上がりやすいので涼しい場所に移動させてあげましょう。

越冬・・・屋外の場合、冬は暖地であれば完全に枯れずに春になると芽が出てくることがありますが、寒冷地の場合は秋のうちに、鉢ごとあるいは葉と根の付いた茎を取り、室内で越冬させて春にまた屋外に戻せばよいと思います。室内の場合は日当たりのよい窓際などに置いて越冬させます。

用土・・・土に植える場合は腐葉土とピートモスを混ぜて保水力をよくして植えましょう。

水槽の中・・・ウォーター・マッシュルームの葉は水中の中でも空気中にさらされていても育つ面白い水生植物です。水槽内では出来るだけ明るい方が生育がよいです。

水やりと肥料・・・水生植物で、葉っぱが水中から出る状態でも完全に水中でも育ちます。ウォーターマッシュルームは水が切れるとすぐにしんなりと水切れを起こし、枯れてしまいます。生育期間に薄い液肥をやるとよいですが、やらなくても枯れるわけではありません。

植え替え・・・植え替えは2~3年に1度くらいをメドにひと回り大きな鉢に植え替えるか、株分けして植え替えます。伸びている地下茎を切って株分けします。

お問い合わせはこちら