HOMEよくある質問植栽について > イチゴノキの育て方

イチゴノキの育て方

aecdabc6ae1bb6f20ad772d301e7c066
イチゴノキ・・・イチゴノキは果物のイチゴのような果実をつけることから、この名前でよばれます。熟した果実は食用にできますが、生食には適していないようでジャムや果実酒にして利用されています。

日当たり・用土・・・日当たりのよい場所がいいですが、半日陰でも育ちます。乾いた寒風を嫌うので風の強い場所は避けます。水はけが良く肥えた土が適しています。また、酸性の土壌を好みますので、土に酸性の性質を持っているピートモスなどを混ぜておくと良いでしょう。

水やりと肥料・・・2月上旬から3月下旬に油粕と骨粉の有機肥料を施します。鉢植えはそれに加えて6月と9月に速効性の化成肥料を与えます。水やりは特に必要ありませんが、極端に乾燥する夏の高温期には、朝か夕方に水やりをします。

植え付け・植え替え・種まき・・・移植作業が難しい植物ですので、最初に植え付ける場所をよく考えましょう。鉢植えにすると水はけが悪くなりがちですので、土を盛って浅く植えつけて支柱をしっかりと立てます・。

剪定・・・花の咲いている11月~12月頃に翌年の花のつぼみが枝先に作られるそうです。11月以降は枝先を刈り込まないようにしましょう。

かかりやすい病害虫・・・特に見られません。

お問い合わせはこちら