HOMEよくある質問お花について > スイセンの手入れ方法、育て方

スイセンの手入れ方法、育て方

日当たり・・・良い場所が最適です。 
土壌・・・水はけが良く、堆肥や腐葉土をすきこんだ用土に深めに植える。
浅すぎると分球が早すぎ、翌年花が咲かない。
施肥・・・植え付け時、または年内~2月頃までに緩効性化成肥料を施す。花後に即効性肥料を施す。
水やり・・・土の表面が乾いたら、たっぷり与えましょう。(乾燥気味に管理)開花後は、水やりの必要無いらしいです。
球根の堀上と植え付け 数年に1度、葉の3分の2以上が黄色く枯れたら堀り上げて、球根を1つずつ分けて土を落とし、洗って、ベンレートなどの消毒液に1~2時間浸して消毒した後乾かし、水切り袋等に入れて風通しの良い所に釣っておきましょう。
10月中旬~11月初旬に、土の表面から10~15cmの深さ・15~20cm間隔で植えつけましょう。
芽が出るまでは、土が乾き始めたらたっぷり。葉が伸びてきたら乾燥気味に管理。
suisen05
お問い合わせはこちら