HOMEよくある質問お花について > シクラメンの手入れ方法、育て方

シクラメンの手入れ方法、育て方

手入れ方法・・・花が枯れてきたら、花茎の根元から摘み取り常に株を綺麗にしましょう。
葉も黄色く枯れてきたら同様に株元から摘み取る。(花柄摘みはこまめに!!)
葉組~ 購入後葉と花のバランスが悪くなるので、中心の葉を外に引っ張っぱると、外の葉にひっかかって株の中心部分にスーペースができ、日光が株の中心まで当たり、小さなつぼみも生長し花が咲くようになる。(月1回は、しましょう)
日当たり、置き場所 夏の暑さに弱く、冬の適温7~10℃、低温にまで耐えますよ。
暖房の部屋は、花茎、葉が伸びすぎ倒れてしまい、休眠の可能性あり。
花を長持ちさせる為には、夜間5~10℃、やや涼しい気温が理想。
花の咲く時期には、日光不足は、花色が悪くなり、小さなつぼみが咲かずに枯れてしまう。
日光を同じ向きすると片寄るので、一週間に1回くらいは、鉢の向きを180℃回す必要があります。(鉢回しと言うそうです)
水やり・・・鉢植えの場合は土の表面が乾いたら底から水が流れ出るくらいたっぷりと与える。
葉や花に水がかかると痛んだり腐ったりするので、先の細いジョウロを使用したり、葉を手でよけ水を与えるようにしましょう。
注意・・・底面吸水鉢でも1ヶ月に1回は底の受け皿をはずし鉢土の表面からたっぷり水を与えましょう。
肥料・・・9月~翌5月まで2ヶ月に1回の割合で土の表面に化成肥料を施します。
(上記肥料のかわりに1週間に1回1000~2000倍に薄めた液体肥料を与えてもokです。)
***底面吸水鉢の場合、液体肥料は鉢の底の受け皿に薄めたものを入れましょう。***
用土・・・底面吸水鉢・・・細かく砕いて粉状にしたパーライトを少量混ぜるのがこつらしい。
赤玉土6:腐葉土3:粉状にしたパーライト1
市販の鉢植え用の土なら全体の1割合ほど粉状パーライトを混ぜる。(鉢底から吸い上げられた水が鉢の上部やすみっこまでまんべんなく行き渡るらしいです。
434ccb200c4318ff54a5570935f36fb7
お問い合わせはこちら