HOMEよくある質問お花について > センニチコウの手入れ方法、育て方

センニチコウの手入れ方法、育て方

発芽適温は、20~25℃と高いので、桜の散る頃からが種まきの適期で、夜間冷えるときは、保温して速やかに発芽するように気温に注意しましょう。
発芽が揃った頃から、日当たりと風通しの良い場所に移し、乾かし気味にして、苗が徒長しないように注意しましょう。。
植え替え・・・根を切らないように注意小鉢に浅植えにしましょう。。
小鉢の日当たりと風とおしのよいところで乾かしぎみに管理しましょう。。
植え付け・・・完熟堆肥や腐葉土、ピートの有機質を多く入れ、化成肥料は控えめにして植えましょう。
sennitiko02
お問い合わせはこちら