HOMEよくある質問お花について > 桜草の手入れ方法、育て方~

桜草の手入れ方法、育て方~

桜草は多年草で(日本桜草)とも言う。
春に発芽して5~6葉を根生し、高さ15~40cmの花茎を直立させ、5~10個の花をつける。
梅雨明けの頃、葉が枯れて休眠する。夏の乾燥には弱いそうです。
暑い時期は、涼しい場所に移動すればさらに良く育つそうです。
寒さに強く、鉢土が凍ってしまっても大丈夫です。
用土・・・特別な用土は必要なく、他の草花が育つ用土ならばほとんどのものが使えます。
水やり・・・土の表面が乾いてきたらたっぷりとやりましょう。
(特に蕾に色が見えてきてから花の咲いている頃までの時期)
(休眠期は生育期ほど水を必要としないそうです。)
肥料・・・ちょっと少ないかなと思う程度の量で良いそうです。
草花用の液体肥料の薄いもの、花が咲き終わってから葉が枯れてくるまでの間に1~2週間ぐらいの間隔で!
sakurasou03
sakurasou
お問い合わせはこちら