HOMEよくある質問お花について > ルピナスの育て方

ルピナスの育て方

ルピナス・・・マメ科  ・・・秋まき一年草(二年草)
1シーズンで花を2回楽しむためには、満開が過ぎ少し枯れてきた頃に切り取り、ワキの芽を育ててやると、小ぶりになる傾向があるけれども、しっかり花を付けるそうです。
そのままにしておくと、二番花を楽しめないこともあるので注意しましょう。
日当たり・・・良い場所・・ある程度の日陰でも耐えられ、冬の寒さには、強く-5℃くらいまで、大丈夫みたいですが、凍るのは、ダメみたいです。
冬の水やりは、午前中にしましょう。
夏の暑さは、弱く、25℃を越すと生長が止まるそうです。
苗の状態で夏越しする場合、風通しのよい涼しい場所で管理しましょう。
水やり・・・乾燥気味で管理しましょう。
土の表面が乾いてから水をやりましょう。冬は、土の表面が完全に乾いてから1から2日くらいあけてから水をやりましょう。
肥料・・・土にあらかじめ混ぜておき、茎が良く伸びる4月頃にも効き目がゆっくりと現れる固形の肥料を与えましょう。
肥料は、窒素分の少ないものを選びましょう。(マメ科の植物全般にいえる)
用土・・・水はけのよい土、酸性の弱いもの。赤玉土7:腐葉土2:川砂1  鹿沼土やピートモスは特に酸性の強い用土なので使用しない事。
庭・・・石灰をタネをまく前に混ぜ込み、酸性を中和したほうがよいそうです。
植え替えの必要はないそうです。
タネは、少し多めにまいて、よいものだけを残して間引きながら育てましょう。
タネは、皮が非常に固いので、一晩水につけて柔らかくしてからまきましょう。
「ミナレットルピナス」が秋にまくと翌春に咲くので育てやすいそうです。
二年草タイプは、秋にまいたら翌々年の春、初夏にまくと翌春に花を咲かせる、ルピナスはある程度の大きさに成長した株が、一定の低温に当たることで花芽を作るそうです。
423cdacc3ff36bef11b86b6682875ed51
お問い合わせはこちら