HOMEよくある質問お花について > ラムズイヤーの育て方、手入れ方法

ラムズイヤーの育て方、手入れ方法

ラムズイヤー(別名・・・スタキス、ワタチョロギといいます)(多年草)です。
耐寒性、地植えにもプランター栽培にも向いています。
湿気に弱いので、梅雨期や夏の高温多湿で蒸れないように注意が必要です。
花後に花茎を根元まで切り戻し、風通しをよくするようにしましょう。
種子や株わけ、挿し木で簡単に栽培できます。
アブラムシが発生する事が多いので、数が少ないうちに捕殺しましょう
植え付け・・・4~5月、9月が適期です。
株わけ・・・3月、9月が適期です
日当たり・・・排水のよい場所、乾燥気味に育てるようにしましょう。
植え方・・・地植えやプランター植えにする場合には、十分に株間をとるようにしましょう。
鉢植えの場合・・・苗を鉢の真ん中に植え、水はけがよくなるように根本をやや高くし、
定植後は水を鉢底から流れ出るほどたっぷり与え、日陰に3~4日置くようにしましょう。
収穫時期・・・6~9月(収穫期に剪定兼ねて収穫した花穂は、吊り下げて自然乾燥しましょう。
 

           ラムズイヤーの画像はこちら

705656edeb44c35096cabe8687b71f6f
お問い合わせはこちら