HOMEよくある質問お花について > モッコウバラの育て方

モッコウバラの育て方

モッコウバラ・・・育て方・・簡単  枝にとげがない  成長がとても早い 花の色・・黄、白
       ・・・・花つきが良い  暑さ・寒さに強い 病気・害虫に強い
つるばらで、花が咲くのは、4月~5月 冬に誘引する、花芽は、8~9月につく
シュート(株元から長く伸びた枝)は、1年目は支柱をたてて、まっすぐに伸ばす。
(1年目のシュートは大切! 切り落とさないように!!)
場所・・・日当たり、風通しが良い場所。 (日陰は避けましょう)
水やり・・・夏は土が乾いたら水を十分与えましょう。
冬は、水やりはあまり必要ないらしいです
土・・・水はけよく、保水力、保肥力に優れた土。 庭土に腐葉土や堆肥を混ぜると良いみたいです。
肥料・・・月に1~2回のペースで与えましょう。
元肥は休眠始める冬期12月に植え付け時に施した肥料と同じもの!株元から30cm離れたところに溝を掘って施しましょう。
夏の時期6月頃にも、元肥として冬期の半分の量を施しましょう。
追肥・・春の芽が伸びる前、秋(冬期の休眠2ヶ月前)の剪定前に行いましょう。
化成肥料または配合肥料を株から30cm以上離して円状に蒔きましょう。
水やりを兼ねて、液肥を千倍程度に薄めたものを施すのも効果的だそうです。
元肥として堆肥・鶏糞・油粕・配合肥料・骨粉などを入れてから、土とよく混ぜて軽く押え、この上に肥料が根に直接触れないように土を15cmくらいのせて、接ぎ目が土に埋まらないように植え付けしましょう。
バラの誘引(ばらをからませたいところ(アーチやフェンス)に誘導すること)
時期・・・12月~1月中旬
仕方・・・太枝や新枝は、直立は、花付きが悪くなる。横や少し斜め上の方向に持っていくことがポイント!(無理に引っ張ると折れてしまうので注意!)
剪定・・・12月~1月中旬の冬時期にしましょう。
(育てて3年目以上が目安、樹高が3m以内ならば剪定は、まだ必要ないそうです。)
覆い茂ってくる場合は、古い枝や細かい枝・枯れた枝のみを切りましょう。
9dae04611a4f72a6e9520cffe9383b18
お問い合わせはこちら