HOMEよくある質問お花について > マトリカリアの育て方、手入れ方法

マトリカリアの育て方、手入れ方法

フィーバーフュー(マトリカリア)・・・キク科の多年草 茎や葉を薬や染料に利用できるハーブです。
(蝶や蜂も近寄らないほどで殺虫剤に利用しても効果が高いらしいです。)
フィーバーフューと言う名前は、解熱効果に優れているところから「熱を下げる」と言う意味の「フィーブリフューガ」が訛ったものと言われているそうです。
白い花を初夏に咲かせるところから「ナツシロギク」の和名もあるそうです。
手入れ方法・・・枯れた花、傷んだ花は、灰色カビ病が発生することがあるので、花がらはこまめに摘み取るようにしましょう。
そうすると新芽の発生を促すと同時に花を長く楽しむことができるそうです。
夏の高温多湿時期に蒸れて株が腐ってしまうことがあるので、混みあっている部分の枝を透くように間引いて通風を保つようにしましょう。
日当たり・・・1年を通して日当たりの良い場所で育てましょう。
高温多湿に弱いので、風通しのよい場所で育てます。
耐寒性はありますが霜に当たると枯れてしまうことがあるので、冬は株元を腐葉土などで覆うなど簡単な防寒を行いましょう。
庭植え・・・毎年同じ場所で育てると生育が悪いので場所を替えて植えましょう。
みずやり・・・水やりは控えめにし乾燥気味を保つよう、土の表面が乾いてから水を与えましょう。
追肥・・・3月~5月、10月~11月に固形の肥料を月1回くらいのペースで株元に少量与えましょう。
用土・・・水はけがよい土を使うことが大きなポイントらしいです。
赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合で混ぜた土を使いましょう。
植え替え・・・鉢植え・・・根詰まりしやすいので1~2年に1回新しい用土で植え付けしましょう。
植え替えの適期は、3~4月で、根を1/3くらいに切り詰めてから植え替えましょう。
切り詰めることによって新しい根がでやすくなるそうです。
7e706eb573e1b792bfa375af8801b283
93ade75286a5e47cf83f65dad6d65908
お問い合わせはこちら