HOMEよくある質問お花について > デージーの育て方、手入れ方法

デージーの育て方、手入れ方法

デージー・・・花が次々に咲くので、枯れはじめてきたら花茎ごと切りましょう。
長期間花を楽しむことができ、枯れた花にかびがついて病気を誘発する心配もなくなるそうです。
多年草ですが、暑さで枯れることが多いため1年草として扱うのが一般的だそうです。
日当たり・・・日当たりの良い場所を好み、苗時期は、しっかりと日に当てて丈夫な株に育てる事が大切だそうだす。
寒さには、比較的強いですが、霜よけ程度の簡単な防寒をしましょう。
水やり・・・土の表面が乾いたらたっぷりと!!乾燥にやや弱く、水切れを起こすとすぐに葉がしおれてしまうので要注意です。
開花時期は、生育も旺盛で水をよく吸うので水切れに気をつけましょう。
比較的肥料好きの植物です。育苗時期から花が咲き終わるまで、月1回~2回薄めの液体肥料を与えましょう。
花つきをよくするには、リン酸分の多い肥料を与えましょう。
用土・・・水はけが良ければあまり土質にこだわらずによく育つ。
粘土質で湿り気のある土を好む。
一年草扱いなので、一度植え付けたら植え替える必要はないそうです。
植え付け時期は10月~11月が適期で、本格的な寒さが来るまでに、大きな苗に育てておくことが大切だそうです。(土の乾燥、霜柱による葉枯れを抑えることができるそうです。)
d80097d6116cd746700f599a06b7bd0a
お問い合わせはこちら