HOMEよくある質問お花について > ベゴニアの育て方、手入れ方法

ベゴニアの育て方、手入れ方法

ベゴニア・・・土・・一般的な配合例 ビートモス(3) バーミキュライト(3) 赤玉土(3) 鹿沼土(1)
・・・肥料・・春・・生育の旺盛な季節なので月に3回液体肥料をあたえましょう。
・・・夏・・・開花しているものは、与えない・・・秋・・液肥の回数を少なめ、濃度も薄めに!!
・・・冬・・・室内で十分な温度が得られて花を咲かせている場合は、与えない。
置き場所・・・夏・・・なるべく涼しい場所を見つけて夕方周囲に打ち水をする工夫をしましょう。
(温度の上昇を押えたほうが夏越しの傷みを少なくするらしいです。)
・・・冬・・・11月中旬までに室内へ取り込み、秋に挿し木をして苗の状態を取り込むと、
多くの種類が保存できる。
水やり・・・用土が乾いてから水やりをしましょう。
増やし方・・1年サイクルで株の更新をしましょう。
おもいっきり根を切断して新しい土に植え替えるのが効果的だそうです。
挿し木で増やす方法もあります。3~5月、9月~10月におこなうのが適しているそうです
       
be43ec4bff63e7aba32ad95da748eecb
お問い合わせはこちら