HOMEよくある質問お花について > 薔薇の手入れ方法、育て方

薔薇の手入れ方法、育て方

手入れ方法・・・露地植えも鉢植えも植え付け後、たっぷり水をやりをします。 
固形肥料を月に1回置き肥し、10日に1回薄めた液肥を施します。 
春、秋は、うどん粉病に注意し、薬剤を週1回散布する。(病気の枝葉は焼却) 
アブラムシも発生するので、マラソン乳剤やスミチオンで駆除しましょう。 
ハダニは専用薬で駆除。他に、バラゾウムシ、チュウレンジバチなどの害虫も薬剤で駆除しましょう。 
6~10月は黒点病がでますので、専用薬で月2回消毒、病葉は焼却しましょう。 
木酢液などの土壌改良剤を散布すると病虫害への抵抗力が高まるそうです。 
夏の剪定として、枝を軽く切り戻し、冬の半量の肥料を施します。 
開花後の花がらは切り取ります。 四季咲き種は、夏も蕾をつけますが、夏の間は、蕾を切り 木を休ませると秋にまた良い花が咲くそうです。 
水やり・・・夏は乾燥に注意し適宜水やりをします。 
肥料・・・12~2月に寒肥を施します。根から30cmほど離れた場所を掘り、堆肥バケツ1杯、骨粉 や油粕合計800gを入れて埋め戻します。 
1~2月に冬の剪定を行います。 
古枝や枯れ枝を切り取り、翌年伸ばす外芽のすぐ上で、深めの剪定としましょう。 
鉢植えは、12~2月に植え替えしましょう。
bf8c6d5e5d3cedb701d389ec6fb031bf1
78e4c5d2cf89bf5247697efc0f24c6321
お問い合わせはこちら