HOMEよくある質問お花について > アジュガの育て方

アジュガの育て方

アジュガ・・・手入れ・・・花が終わった後の花茎は根元から切り落としましょう。
花の終わったあとに株元から細長い茎が這うようにのびてきます。(これをランナーと言います)
梅雨時期、茂りすぎているようであれば、株の高さを半分くらいに切り風通しを良くするか、株分けしましょう。
日当たり・・・明るい日陰でよく育つ。直射日光や西日の当たる所は、土が乾き過ぎてよくないそうです。
耐寒性はあるが、霜や乾いた寒風に当たると葉が枯れるので寒冷地では、簡単な霜よけが必要です。
水やり・・・乾燥に弱く、適湿な土壌を好む。
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。
肥料は植え付ける際に、ゆっくりと効く肥料を土に混ぜ込みましょう。
***生育が衰えているようならかなり薄めの液体肥料を与えましょう***
用土・・・水はけがよく、水もちのよい土を好む。
地植え・・・腐葉土やピートモスを多め!!
鉢やプランターは、赤玉土7:腐葉土3の割合
植え替え・・・地植え・・・同じ場所で4~5年は、生育が弱るので植え替えか、同じ場所でも新しい土を入れて植え替えましょう。
鉢植え・・・根がまわってきたら一回り大きな鉢に植え替えましょう。
病害虫・・・灰色カビ病/ 害虫 ハダニ、アブラムシ
夏に株が混みあって蒸れないようにする。虫は、見つけ次第薬剤を散布し駆除しましょう。
d1f2a48392b1a906f49640e886457ae2
お問い合わせはこちら