HOMEよくある質問お花について > ペチュニアの育て方

ペチュニアの育て方

ペチュニアはコンテナや花壇などでおなじみの草花です。
枝垂れるものやこんもりと茂るもの、大輪~小輪、八重咲きなど、いろいろな品種があります。
成長が早くて丈夫なので、初心者にもおすすめですよ。
本来は多年草ですが、冬越しがとても難しいので翌年新しい苗を買ったほうが楽です。

開花時期・・・3月~11月

手入れ・・・生育期間中に一度思い切って茎全体を10cm位に 切り戻すと根元のほうから枝数が増えて再び立派に咲くようになります。

日当たり・・・日当たりの良い場所に置きましょう。
雨にあたると花が傷んでしまうので、雨の当たらないベランダなどがよいようです。

水やり・・・土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。
        
肥料・・・茎を伸ばしながらもどんどんと花を付けるので、肥料を切らすと花つきが悪くなります。10日に1回の割合で液体肥料を与えましょう。
  
用土・・・水はけのいい土に植えます。

鉢植え・・・用途はプランター、鉢植え、ハンギングなど。花が雨に当たると傷んでしまうので花壇植えはあまりしません。

5f6d4357f072646128bfb6e7a2849bc1
85596dc476c384675f8e0dc263865ff7
お問い合わせはこちら