HOMEよくある質問お花について > サルビアの育て方

サルビアの育て方

8ef5e47d287083c388805f3da15e0abf
サルビア・・・サルビアは、初夏から秋にかけて次々と花が咲き続けガーデニング初心者でも育てやすい花で、花壇でおなじみの花です。赤花でおなじみのサルビア(サルビア・スプレンデンス)は一年草、ブルーサルビアの名前でしられる青や白の品種(サルビア・ファリナセア)やピンクの品種(サルビア・コッキネア)は多年草です。

開花時期・・・5月~11月

手入れ・・・穂全体の花が終わり次第、花茎のつけ根から切ります。。

日当たり・・・日なた、または半日陰で水はけのよい場所が適地です。

水やり・・・水切れさせてしまうと花や咲く前のつぼみがポロポロ落たり、下の方の葉っぱが落ちてしまうこともあります。極端な乾燥に気を付け、土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えます。湿気にも弱いために水のやり過ぎは根腐れの元です。

肥料・・・1週間~10日に1回液体肥料を与えます。

用土・・・水はけのよい有機質に富んだ用土で、鹿沼土(赤玉土でも可)6:腐葉土4の割合で混ぜた用土を使います。市販の草花用培養土でもよく育ちます。

切り戻し・・・花の終了した後は花穂ごと切り取り、8月下旬頃すべての花を摘み取り、草丈を半分から1/3くらいまで切り戻して置き肥で追肥すると、側芽が出てきて秋には新しい花を継続して咲かせます。

お問い合わせはこちら