HOMEよくある質問お花について > コリウスの育て方

コリウスの育て方

84bf5965b1b2531ca8b618e8683e76f8
コリウス・・・コリウスは初夏から秋にかけて長期間楽しめる、重宝なリーフプランツです。葉の色は赤、桃、黄色、緑が入り混じり美しい模様を描きます。主に実生系と栄養繁殖系の2系統があり、栄養系は花つきが悪く種子もできにくいので挿し芽で繁殖させています。栄養系は花がつきにくいので長時間きれいな葉を楽しめます。

手入れ・・・放っておくと上にばかり伸びて、ひょろっとした感じになります。草丈が伸びてきて、本葉が10枚くらいになったら、頂点の芽をつみ取ってしまいます。そうすることでわきの芽が伸びてきてボリュームがでます。そのわきの芽が伸びてきたらまた頂点の芽をつみ取るを繰り返すと、バランスよくまとまった株になります。

日当たり・・・強い直射日光に当たると葉やけして葉が枯れることがあります。また、逆に日陰過ぎても葉の色がうすくなってしまいます。

水やり・・・乾燥に非常に弱いため、水切れさせないようにしましょう。特に、真夏は油断するとすぐに乾いてしまうので朝晩水やりをします。

肥料・・・生育する時期に液体肥料を一週間か十日に一回程度あげると、よく生育します。

用土・・・市販の花と野菜の用土で植え付けをします。

鉢植え・・・ポット苗を購入したら、根鉢をくずさずに5号鉢に植え替えます。その後は生育に合わせて鉢増しをしていきます。基本的にコリウスは1年草ですが、冬越しをさせる場合は、葉が落ちる前に、室内の10℃以上の明るい部屋へ移動させて管理します。

植え替え・・・庭植えは霜の頃に枯れてしまうので植え替えの必要はありません。
お問い合わせはこちら