HOMEよくある質問お花について > イングリッシュローズの育て方

イングリッシュローズの育て方

イングリッシュローズ・・・イギリス人育種家・デビット・オースチン氏が作り出したオールドローズとモダンローズの特徴を併せ持つ薔薇の品種群です。オールドローズからはクラシカルな花の形と華やかな香り、それからモダンローズからは鮮やかで多彩な色を受け継いでいます。そのほか、育て方の面においてもオールドローズの育てやすさ、モダンローズの四季咲き性をも持っています。

手入れ・・・咲き終わった花を取り除きます。これは返り咲きを促進する効果があります。

日当たり・・・ほとんどの植物と同じようにバラは日光が大好きです。半日陰でもバラは咲き、1日2~3時間の日照があれば充分です。そして、風通しの良いところに置きましょう。 風通しが悪い場所は病害虫が発生し易くなります。

水やり・・・冬から春先までは基本的に水やりはしなくてもいいです。冬は休眠しているので、水分も肥料分もほとんど欲しがりません。かといって、 乾きっぱなしもよくありません。土が乾いたら水を与えるようにします。鉢植えの場合も露地植えの場合も植え付けのときに十分に水をあげているので、そのあとは土を触ってみてすごく乾燥しているなぁと思ったときにあげるくらいで大丈夫です。夏は土が乾いたら水を十分にあげましょう。量の目安は鉢植えなら鉢底から流れ出るまで、露地植えのバラには株元に10リットルのバケツ1杯くらいがちょうどいいでしょう。水やりの時間帯は午前中が理想的です。

肥料・・・基本的に植え付け用土に混ぜるものが元肥で、牛糞・腐葉土などを用います。そして、春・夏・秋とバラの成長に合わせて追肥していきます。市販のバラ専用肥料をおすすめします。まず春の一番花を促す3月下旬の施肥から始まり5月の開花後のお礼肥、7月そして9月の秋花のための施肥というように行います。冬場はゆっくりと効く固形の化学肥料がいいでしょう。

用土・・・バラの生育に適した土とは、保水力があり排水性と通気性に富み、肥料分の保持の良いものです。基本的な用土のブレンドの割合は赤玉土(中か小粒):6 牛糞(完熟)・腐葉土:3 バーミキュライト・ピートモス:1です。

鉢植え・・・まず、バラに適した土を用意し鉢に入れます。ポットの土は落とさずに、そのまま鉢に植えましょう。そして上から土をかぶせます。すき間もちゃんと埋めて、しっかり固めてくださいね。こうして植え付けたら、すぐに水をたっぷりあげて、支柱を立てます。

露地への植え付け・・・庭に植えるときには直径・深さ30cm以上の植え穴を掘り、そこへ骨粉、油粕、化成肥料、乾燥牛ふん、堆肥などを入れ、土とよく混ぜ合わせましょう。そうしたら庭の土を厚さ5cmくらい戻してから、苗の根を崩さずに浅めに植えます。あとは、水をたっぷりあげて、支柱を立てます。

病害虫の対策・・・生育期間中は特に、害虫が発生しないように定期的に薬剤散布をして防除に努めることが大事です。 発生の時期が決まっているので、予防の為の薬剤散布も大変に効果が大きいものです。病害虫発生時期には1週間に1度程度の散布は行いたいものです。
096497835d57e257af10e060eea7283c1
6ad92983a76bace28e51fb2483ec75412
お問い合わせはこちら