HOMEよくある質問ハーブについて > カモミールの育て方

カモミールの育て方

9c036977c762fac8379b9f5bcb52effc
カモミール・・・ジャーマン種とローマン種がよく知られており、ハーブティーなどでよく利用されるのはジャーマン種のほうです。花はリンゴのような甘い香りがあるのが特長です。

効用・・・カモミールにはこの鎮静効果のほかに、不眠症の改善、発汗作用、消化促進などの効果があり、初期の風邪にも効きます。また、ジャーマンカモミールは消炎作用、便秘解消、月経痛の緩和、生理不順、美肌効果もあり、「マザーハーブ(母の薬草)」とも呼ばれています。

開花時期・・・5月~8月

手入れ・・・高温多湿に弱く、風通しが悪いと蒸れて葉が枯れ上がってしまうので、混み合っている茎は間引きます。ローマン種は花が終わったら株元でばっさりと茎を刈り込みます。

日当たり・・・日当たりのよい場所で育てます。やや暑さに弱いので、夏は直射日光の避けられる場所がよいでしょう。

水やり・・・水は土の表面が乾いたらたっぷりとあえます。水はけがよいことは大切ですが、やや湿り気を好み、乾きすぎると充分生長できないので注意が必要です。

肥料・追肥・・・肥料は植え付ける際にゆっくり効く肥料を土に混ぜ込みます。ジャーマン種はそれ以上いりません。ローマン種は開花期と花とに化成肥料を少し与えます。

用土・・・水はけがよく、なおかつ保水性のある用土が適します。


植え替え・・・ジャーマン種は花後に枯れてしまうので、一度植え付けたら植え替えの必要はありません。

ローマン種は数年すると株が老化して花つきや生長が悪くなります。春に株分けをして植え替えましょう。
お問い合わせはこちら